Zippo 自動巻懐中時計162-ZP TPC-32[春第1弾10][春第2弾10][春第3弾10]

Zippo 自動巻懐中時計162-ZP TPC-32[春第1弾10][春第2弾10][春第3弾10]




価格:5775円
ショップ名:アイネット メディア
レビュー:ZIPPO





アンティックな機械式懐中時計(ムーンフェイス デュアルタイム)フェイス:パラジュウムメッキサテンコレクターを中心に高い人気のムーブメント搭載!たまにはこんな時計もいいよね、年齢に関係なく持っていただけます。
ヤングの君はもちろんおじいちゃまがポケットから出してみてたらカッコイイ〜〜!

● 材質:キャップ/真鍮

●本体/合金 

●裏蓋/ステンレス

● ムーブメント:NL6101

● 防水:非防水注意!この懐中時計は自動巻ですがご使用の前に時計を必ずよくふって自動巻のゼンマイが十分に巻かれている状態でご使用下さい。


ゼンマイが十分に巻かれていないと時計の遅れやとまりの原因になります。
(遅れやとまりが出てもよく時計をふれば問題は改善されます)ジッポー(zippo)の名前の由来ジッポー(Zippo)の名前の由来は、ジッポー(Zippo)と同じくペンシルバニアで発明されたジッパー(チャック)をもじってジッポー(Zippo)と名付けました。


またもう一つのジッポー(Zippo)の名前由来の説として、ケースを開けて点火する音が、ジッポー(Zippo)と聞こえるからという説もあります。


ジッポー(zippo)歴史ジッポー(Zippo)は、金属製オイルライターの商標です。
現在ではオイルライターの一般名称としても認識されていますが、厳密に言えば米ジッポー社の製品以外のコピー商品は、ジッポーではありません。
ジッポー(Zippo)は、高い耐久性・耐風性と永久修理保証を誇っていて、1932年の発売以来、世界中に多くの愛用者、収集家が存在しています。


ノルマンディー上陸作戦を指揮したアイゼンハワーも、「どんな時でも火がつくのはこれだけだ」と絶賛したくらい愛用者だったようです。


ジッポー(zippo) 逸話と時計ジッポー(Zippo)は、戦争と共に歩んできた。
第二次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争、湾岸戦争、、時代も場所も違うなれど、兵士たちはいつの時代も、塹壕の中で、トーチカの中で、ブッシュの中で、黒い雨の下で、家族を刻み、恋人を刻み、女性を刻み、平和を刻んだ。


タフな兵士手の中にはいつも、、、タフなジッポー(Zippo)があった。
第二次世界大戦のベルギー戦線にて、ドイツ兵の弾丸を止めた幸運の女神が、、、今 あなたと共に時を刻む

Supported by 楽天ウェブサービス
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

スタンダードZIPPO

ZIPPO ジッポー ライター 200DN #23460

ZIPPO シンプル プラチナ サテーナ 200Z-PS #21220
ZIPPO PLM #3 #21498
ZIPPO ジッポー ライター 2SP-シェル3 #23731
タグクラウド
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。